縮毛矯正なしでストレートヘア

Qoolin(クーリン)で髪が生まれ変わる

ソーパルメットについて
香草療法の海外文献を読み始めた頃から、
西洋の香草療法についてもっと知りたいという欲求がありました。


その頃に、HIROKOさんという方が
西洋漢方についての漢方の交流サイトを立ち上げていらっしゃることを知り、
彼女から海外の香草療法の文献を
紹介していただいたり
と楽しい交流をさせていただいていました。

残念ながらその後HIROKOさんは渡英され交流の管理などが難しくなったことから
現在サイトは閉鎖されています。



その場所で参加者さんたちと
シェアしていた情報の中で、
私の一押しは
シルケ・エテラヴォリさんという
北欧の香草療法の研究者が製法を生み出した
Qoolin(クーリン)というリフレッシュパウダーです。


これは3つの香草とビタミンを
組み合わせて作られた
クリーム色っぽいさらさらのパウダーです。


シルケさんは、
これを室内で(日本の盛り塩?のように?)リフレッシュするパウダーとして
ガラス瓶に入れて楽しんだり、
ベッドサイドに置いたりして使うことを提唱されていたのです。


いかにも爽やかで
北欧風な香草の使い道ですね。
しかし、実はこのパウダー、
ある使い方をすると
とんでもない威力を発揮します。

なんと髪の縮毛が治るんです。

 

自分自身の髪で驚きの体験

体験学習イメージ

思春期の頃から、
髪の一本一本の手触りがボコボコ。
頭全体を見れば不揃いな形に縮れた私の髪は
髪質自体も剛毛で真っ黒。



容姿コンプレックスから私は髪をのばして
義務教育時代は剛毛をごまかすためにキッチリお団子。
それが過ぎると、アルバイトをしては高い縮毛矯正をかけ続けました。


初めて矯正をかけたときのあの感動は忘れられません。


なんか周りの対応も変わったんじゃない?くらいの変化が人生にありました。


縮毛の姿はもう絶対に人に見せたくない、
そう思って過ごしてきました。


しかし…縮毛矯正、数十回とかけていくと…
毛根が弱りました。抜け毛が多くなって。


それからは縮毛矯正から卒業する方法はないだろうか…?と思い悩む日々。



ハゲるよりは、縮毛でも髪がある方がいいか…
などと究極の選択に思いをめぐらし、




矯正から足が遠ざかるに連れて
髪の縮れもほぼ復活していた頃、
Qoolinの情報に行き当たりました。






どうなってもハゲるよりいい、と思って始めました。






私がやっていた方法は下記のようなものです。
大筋これで基本だと思います。




●Qoolinで縮毛ケアする方法●
①高めの温度のお湯で湯シャンする
②すすぎの最後に、洗面器
(もしくは大ボウル)半分まで
お湯をためてQoolin一袋をとかす。
③それをまんべんなく頭皮と髪に
行き渡らせる。
④流さずにそのまま乾かす。




要するに湯シャンの最後に
Qoolin水溶液を作って
それで髪と頭をじゃばじゃばと揉み洗う、
それをすすぎ落とさずにドライヤーする、
というものです。




これだけ?と思いました。
最後のお湯だって、溶かしちゃったらほぼ普通にお湯だったし。




ところがです。
1回目は「まあ、湯シャンだったんだし、しっとりもするよね」
程度の感想。



それから数回は
合間に普通にシャンプーを使う日を
挟んだりして
なんとなく10回使い続けました。
10回セットで試さないと1回では全く効果出ないと聞いたので。



10回目くらいで、
「髪のびるの早くなったよなあ最近?」
鏡を見て、はたと気づきました。




アンタ(私)、髪がのびてるっていうより縮れがのびてるよ?






それからは、
かなり本気でQoolinをやりました。
シャンプーは週末のみにして、
週5日はQoolinの日々。
(普通は、1ヶ月に10回くらいの使用で効果があると言われています…)




そのまま2ヶ月続けて、本当にびっくりするくらい髪質が変わりました。




本来の髪が縮毛の方は
わかってくださると思いますが
矯正の薬の匂いがみじんもしないのに
クシどおりなめらか、って
ありえないです。



さらに3~4ヶ月目くらいで
一本ずつの髪の形は
まだ変化しきってないものの
遠目にストレートに見えるところまで来てました。



そのまま継続していると
今度は根元からキレイな素直な形の髪の毛が
生えてきていることに気づきました。




販売元さんをご紹介しておきますね。

Qoolinショップ
Qoolin 10g×10点セット




継続使用には価格が若干気になりますが、
Qoolinで縮毛から素直な髪質に
改善された髪は、
ほぼ半永久的にそのままの髪質らしいです。



ですから、ある程度さらさらになるまで
続ければ、その後は自分の髪質自体が
その状態になります。



私自身は、髪の根元の状態を見て
この製品はむしろ頭皮の髪の根っこの部分をクリアにしてくれる、
と感じているので
頻度は下がっても使用はやめないかもしれません。



パーマ薬無しでここまで効果あるものが
現在他に無いし。




私は実際、十代の頃からの縮毛が現在はほぼストレートになりました。

旅行などでついホテルのシャンプーで
洗ったりした後も、
特に戻り感もありません! 
縮毛矯正とサヨナラしました。




[ご注意]
・溶かしたお湯は
ビタミン水溶液でもあります、
目に入れば柑橘フルーツの飛沫みたいに
痛いです。
被害は無いですが目に入ったら
洗い流しましょう。

・実践者さんに聞いたときの使用頻度は
1ヶ月に10回くらい
(10点セット1袋で1ヶ月分で
十分みたいです。
 私自身は最初の数ヶ月は毎日やりました。
1ヶ月2~3袋使った。今は1ヶ月1袋ペースになりました)

・ある時期から、根元側の髪質が徐々に変化していきます。
下側の毛で縮れがひどいところは
自分で時々一本ずつより分けて
髪型が変わらない程度にパチパチ切ってました。
そうすると全体がきれいに見えるようになるまでが早いです。

・髪質が改善するまで、Qoolinをしない日は
シャンプーも普通に使っていましたが、
私の場合はそれで効果が減退した様子は無かったです。
私見ですが、
髪の純粋な代謝による老廃物や汗、
自分の脂質はお湯とQoolinで
きれいになりますが、
例えば車の排気ガスや
タバコの煙など、
シャンプーで落とした方がむしろ
Qoolinの効果を高めてくれるものもあると
思います。


・前述の通り、
本来ヘアケア製品では無いので
髪への使用に関する問い合わせを
販売元さんにしても答えてもらえません。
個人の責任の範囲で
使用を検討してください。

 

 

【反省雑記】
以前、ドラッグストアにある
ビタミンやアロマ販売の香草粉末を混ぜて、
Qoolinを自作できないかいろいろ試したんですが、残念ながら同じ効果は出なかった。

酸っぱい匂いの髪になるだけ…。
しかも私は自作のクーリン使用に挑戦した後、逆に頭皮が痒くなり抜け毛が出ました。
(「お茶石鹸で小麦アレルギー事件」を思い出し、自作のクーリンを使用するのはこわくなってすぐにやめました。

私の痒みと抜け毛の理由は定かではありませんが、粉砕に金属刃を使った原料を
頭皮に残留させるのは相当危険なようです。
ハゲへの綱渡りみたいなもんです)

Qoolinは製法が非公開になっているので、
出来上がるまでのどこかにシルケさん開発のマジックがあるのだと思われます。
まあ、これは他のサプリ等でもそうですよね。
同じ成分並べたからって同じ効き目にならないのと同じ。
そもそも普通に手に入るビタミンや香草粉末は金属刃の機械粉砕で細かくしているので
素材の段階で頭皮をクリアにするという趣旨にはダメなんだと思われます。